1/6

本多忠勝マフラー(戦国時代 日本)茶

¥4,950 税込

¥7,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

本多平八郎忠勝マフラー

2023年大河ドラマ『どうする家康』では
本多平八郎忠勝を山田裕貴さんが演じています。
若き忠勝は鉢がねに面頬と母衣という出で立ちでカッコいいですね。

徳川四天王である本多平八郎忠勝公(山田裕貴)が
愛用した鹿角の甲冑(黒糸威二枚胴具足)と金の数珠をモチーフに
忠勝公の家紋である立ち葵と旗印の「本」の字をあしらいました。

徳川家の『葵の御紋』は徳川一門にしか身につけることは
許されていませんが、「家康に過ぎたるもの」のひとつに
数えられた本多忠勝公だからこそ許された家紋といえます。

※ご注文頂いた方でご希望の方には販売中止(絶版)になりました
真田六文銭マフラー(赤)を同梱(無料)します。
ご希望の方はご注文の際に備考欄に「真田マフラー希望」とご記入ください。

サイズ 160㎝×30㎝
アクリル80%、ナイロン15%、ウール5%

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥4,950 税込

ABOUT

おかげさまで設立18周年目!
日本初の戦国ブランド【もののふ】

戦国好きの人が周りに話したくなる戦国武将や「変わり兜」Tシャツ・アイテムを2004年からネット通販サイトで販売開始。

それまで各地の城や古戦場のお土産物だった戦国・歴史グッズとは一線を画するデザイン、日常使いできるアイテムが戦国ファンの間で話題となり、劇画界のレジェンド平田弘史、絵巻作家の正子公也、『花の慶次』の原哲夫、白土三平の『カムイ外伝』とのコラボレーションを行う。

多くの戦国ブランドのフォロワーを生み出し、戦国グッズに多大な影響を与える。戦国・歴女ブームの仕掛け人。テレビ・ラジオ、新聞、雑誌など各メディアの取材、掲載実績は200件を超える。

2014-2017年 肥前名護屋城広報戦略マネージャー

2022年
日本の戦国時代から世界の歴史に広げたセカンドブランドを設立。

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品