本多平八郎忠勝TシャツVer.2(戦国時代 日本) | 【もののふ】MONONOFU

1/2

本多平八郎忠勝TシャツVer.2(戦国時代 日本)

¥3,800 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

五十七戦するも無傷な三河の飛将。
戦国無双や戦国BASARAなどのゲームでも必ず出てくる最強のキャラクター、それが本多平八郎忠勝!

織田信長をして「日本の張飛」と言わしめ、一言坂の戦いでは武田騎馬軍団を食い止めたことによって、戦国最強軍団の武田騎馬隊より「家康にすぎたるもの唐の頭に本多平八」と言わしめた家康の護り刀ともいえる戦国武将です。

桶狭間から関が原まで、家康の陣に必ず忠勝あり。
徳川四天王の一人、本多平八郎忠勝。五十七回も戦いに参加しながら無傷。徳川軍が武田軍に大敗した一言坂の戦いでは、殿軍を務め、武田最強騎馬軍団を退ける。

その忠勝の戦いぶりをみた、信玄の近習である小杉右近助という者が詠んだ狂歌。
「家康に過ぎたるものは二つあり、唐の頭に本多平八」「唐の頭」とは家康が被っていた珍しい兜のこと。「平八」とはもちろん本多平八郎忠勝のことである。

【用語解説】
◆三河の飛将(みかわのひしょう)
◆花実兼備の勇士(かじつけんびのゆうし)
◆蜻蛉切(とんぼきり)
※愛用の槍 トンボが刃に止まっただけで
 真っ二つに切れたという
◆三国黒(みくにぐろ) ※愛馬
◆黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)
◆鹿角脇立兜(しかつのわきだてかぶと)
◆稲剪りの大刀(いなきりのたち)
◆徳川十六神将(とくがわじゅうろくじんしょう)
◆徳川四天王(とくがわしてんのう)

◆「ならば、殿と一戦仕る。」
※忠勝は関が原の戦いの後、西軍に属した真田昌幸・幸村父子の助命を娘・小松姫と行ったが、真田父子のせいで二代将軍・秀忠が関が原の戦いに参加できなかったのを 苦々しく思っている家康は容易に首を縦に振ろうとしなかった。そこで家康に向かって忠勝が言ったといわれる言葉。



この商品画像はオリジナルプリント.jpで生成したイメージです。実物とは異なる場合がありますのでご注意ください。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,800 税込

ABOUT

もののふ【武士】の由来は物部氏。
物部(もののべ)氏はニギハヤヒミコトを祖先とし、
天皇家よりも前に地上に存在していたと伝えられる氏族。

主人にさぶらう従者(侍-さむらい-)ではありません。

己の自由意志で生きていく存在。

もののふとは、己の才覚・腕だけを信じて生きて行く武装貴族。
相手が主君であろうと、いざとなれば一戦も辞さないのが、
真の武士(もののふ)なのです。

戦国時代の意匠と現代デザイン、伝統工芸の融合を目指し
2004年12月日本初の戦国ブランド【もののふ】を設立。

これまでの戦国グッズとは一線を画する日常使いできるデザインと
高品質なファッションアイテムが戦国ファンの間で話題となり、
劇画界のレジェンド平田弘史、絵巻作家の正子公也、花の慶次の原哲夫、
白土三平のカムイ伝とのコラボレーションを行う。

戦国ART祭(代官山ヒルサイド猿楽祭)
戦国夜話(TOKYOCULTURECULTURE)
戦国茶会、戦国バスツアー等プロデュース。
戦国・歴女ブームのきっかけをつくり、半年で200件超の取材を受ける。

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品